二次会の景品は塾考して選ぶ

2次会景品を考える:数

結婚式で二次会が開催される場合は、景品付きのゲームが行われる事が定番となっています。

これは、二次会の中で一番盛り上がる企画である事や、 皆が平等に景品を貰える権利があるからです。

では、その景品の数はどれ位を見込んでいれば良いのでしょうか。
よく見受けられるものとしては来場者の半分位の景品を用意しておくパターンです。
先程も申しました通り、一番盛り上がるゲームですので、
数が少なかった場合すぐに終わってしまい場内のムードが一気に落ち込む可能性があります。

盛り上げる

逆に言えば、数が多ければ貰って嬉しい物や面白い物を多く用意する事ができ、

それらを紹介するだけでも盛り上がります。
次のパターンとしては、数自体は減らして目玉商品を増やしておく事です。
ゲームを始める前にその目玉商品を紹介しておく事で来場者が集中してそのゲームを楽しむ事ができます。
上記を参考にして、是非盛り上がる二次会のゲームと景品を企画して頂けたら幸いです。

ゲームと景品


結婚式の二次会となると、基本的に、まったく知らない人どうしが列席するような場です。
面識がなく、年代や取り巻く環境が様々な人たちが、共通して楽しめる場というのは結構むつかしいものです。
年齢を経るごとに、なにかを企画するような立場にもなってくるでしょう。
これまでの友人の結婚式でそんなゲームをしていたか、どんな景品を用意されていたか、書き出してみてもいいでしょう。